TRAVEL

チェンマイで1ヵ月5万円で生活出来るのか?

2017/8/17~2017/9/16までの1カ月間を5万円で生活する事に挑戦しました!
ツイッターで毎日使った金額、内容を報告していたのですが、@tabinoshiori_CM
結果から報告してしまうと、失敗… 903バーツオーバーしてしまいました。
今回はその1カ月間の検証をまとめてみました!

固定出費

・家賃

家賃をどのくらいにするかがとても重要ポイントです。
毎月必ず出る固定出費ですので、よく考えたいところ。
私が借りているゲストハウスは1カ月(3カ月契約)5500バーツ(約17500円)

ここに決めたポイント

・水回りがキレイ
・廊下や公共スペースもキレイ
・冷蔵庫が付いている
・ベランダで洗濯物が干せる
・受付のお姉さんの感じが良い
・安い
・電子レンジ、扇風機などお金を出せば借りられる。

実際住んでみて気になるポイント

・部屋の清掃が250バーツなのは良いけど、ベッドシーツの交換が+100バーツ。
高くない?しかも、取り換えたシーツは必ず派手な柄物…個人的に白が好き。
まやまやは200バーツで白いシーツを買ったみたい。そうしよう。
ちなみに、向かいの部屋に住んでいた友達の部屋は白いシーツ。
しかもシングルベッドを2つ並べていたのでめっちゃ広い。
シーツについて聞いてみたら、あれはゲスト用で、長期滞在のシーツは白ではないとのこと。
友達は1カ月、私は3カ月。
友達が日本に帰ったあと、ベットを交換してくれないかなぁ~と聞いてみたら重いからダメだって。だよね。
年齢を重ねると、だんだんずうずうしくなってくる。その日、そんな自分に気づいたのでした。笑
チェンマイのアパート探しについてはコチラ

・通信費


dtacの定額プランで、20GB+電話番号=724バーツ。
月20GBで約2300円ってやっすー!!日本では考えられん…
時々カフェで仕事中にwifiが繋がりにくい時がありテザリングしたりするので20GBあると安心。

しかし先日、長くチェンマイに滞在している方にえ!?高!!って言われました。
どうやら、AISの定額プランがプロモーションをしていて安いとのこと。よし、すぐに変更しよう!

・水道光熱費

今回の検証ではこれを月末に払うという事を忘れていて、マイナスの結果に。
水道代は200バーツ。電気代は使った分だけ月末にお支払い。
これが900バーツだった!約2800円!
電気代が意外に高い…エアコンは基本好きではないのですが、
どうしても暑苦しい時間帯もあるので、1日2~3時間使用していました。
そして、最近扇風機が月100バーツで借りれると知り早速採用!!
数日使っていますが、十分!!!!なぜ今まで気づかなかったーーー!

食費


・お昼と夕飯
4329バーツ 約13700円
ローカルなレストランで食事すれば、35バーツ~50バーツ程で食事出来ます。
ラーメンやファーストフードなどその他のレストランの場合は60~150バーツくらいです。
ほとんど上記のお店で済ませていました。
もちろんオシャレなイタリアンやお寿司屋さんもありますが、それなりに値段は上がっていきます。
それ以外の食費
・お菓子など

食事以外で買ったお菓子やジュースなどをこのカテゴリーに入れています。
1294バーツ 約4122円。
結構使いましたね…。ポテトチップスやらチョコやらにはまってしまって…
反省。

日用品

・洗濯代もこのカテゴリー
1819バーツ 約5795円
トイレットペーパー、メイク用品など。
生活必需品なのであまり削れない部分ではありますね。
・お部屋の清掃代
隅から隅までとてもきれいにしてくれるので大満足!
ベットシーツも変えて、300バーツ×2回。
2週間に1回利用しています。
600バーツ 約1900円
これは自分でやれば?と思うのですが、やってもらうのが好きです…

仕事

ほぼカフェ代

作業をする時は、カフェやコワーキングに行ったりするので、それに使った金額です。
1360バーツ 約4330円。
ドリンク1杯で60バーツ~80バーツくらいでした。
朝と午後の2回行く事もよくあるので、そうすると120バーツ~160バーツの出費になり、
食事よりも高くなります…
コワーキングスペースはニマンへミンで1日100バーツという所があるので、そこを使った方が安く済みます。
うまく使い分けると作業の時間も有意義ですね!

・交通費

少し遠くのcafeに行ったりするときなど
780バーツ 約2485円
1人で観光したり、往復したりすると結構かかりますね…
チェンマイの乗り物についてはコチラ

まとめ

チェンマイで1カ月5万円で生活は出来ると思います。
例えば、家賃を少し下げる、エアコンを使わず扇風機で過ごす、お菓子を買わない、など。
削れる部分も沢山あるのです!
ツイッターのフォロワーさんからも、家賃3500バーツくらいの所に住んでいて
月5万円以下で生活していたよーというコメントも結構頂きました。
ですが、お気づきの方もいるかと思いますが、私は娯楽的なものを一切しておりません。
マッサージも、買い物も、映画も、ネイルも、マツエクも。
これってそんなに楽しくないです…
せっかく物価の安いチェンマイにいるのに、満喫できていないような。
なので、5万円くらいがミニマムの生活費だと思って頂けると良いかと思います。
プラス楽しむための予算を追加したら、チェンマイ生活をもっと満喫できるでしょう!
なにしろ、ミニマム生活費が5万円ですからね。
あと2万円くらいプラスして楽しんでも問題ないですよね♡
チェンマイで長期滞在する人やノマドとしてお仕事しながら滞在する人の参考になれば嬉しいです!

現役女性ノマドワーカー16人のストーリーを集めた「GIRLS NOMAD LIFE」を無料でダウンロードしよう!
デジタルノマドのリアル

この本のテーマは、ズバリ「現役ノマド女性の経験やリアルが知れる本」
実際に現役でノマド生活を送っている人の言葉をまとめました。

【インタビュー内容の一部】

  • ノマドライフの魅力
  • 大変なこと&その解決方法
  • スキルの身につけ方
  • 実際に行ってみてオススメな場所
  • 1ヵ月の生活費
  • 現在の年収や出発前の貯金額

などなど…。普段なかなか聞きづらいことも思い切って聞いています。

インタビューしたノマドガールの中には、旅で移動しながら仕事をする方1都市滞在型国内ノマドなど、たくさんのスタイルの方がいらっしゃるので、これからノマド生活にチャレンジしたいと思っている人は、自分に合う思うスタイルが見つかるかもしれません。

下のフォームから無料でダウンロードできますのでぜひ読んでみてくださいね!

(スマホ・PC・タブレットなどで読むことができます。)

 

今すぐ無料でダウンロード!

メールアドレスを記入してSendボタンを押してください。